ガラスの墓標2。

ガラスの墓標は大好きな映画ですが、タイトルの内容から、わりとはずれてたりします(^_^;)
古着、音楽、60・70年代、エスニック料理大好き。これらをからめた日々の出来事を綴ってます☆

一定期間更新がないため広告を表示しています



| - | - | - |














さくらん安野モヨコの同名コミックを映画化)、観てきました。
最初、家でレンタル鑑賞かなって思ってたのですが
せいかさんのブログ「飴色眼鏡」を見せてもらって、劇場にちゃんと
観に行きたいなあという気持ちにかりたてられました。



せいかさんのおっしゃってたとおり、劇場で観て本当によかった。
蜷川実花(フォトグラファー。本作が映画監督デビュー作となる。)の
色彩豊かな世界とこだわりをはじめ、着物の美しさに
圧倒されました。
着物、ほんとに見ごたえありです。色合いもきれいし出演者それぞれの
個性を生かして、似合うようにつくられていました。


















加えて、映画をひきたてるようにさりげなくいけられた花も
素敵だった。


女郎を金魚にたとえて、金魚はびいどろの中でしか生きられない。
という言葉と、金魚の赤と水の色の青がインパクト強かった。
女郎屋の入り口の金魚の装飾が目をひきました。



土屋アンナが美しかったー。
私はこの人の声の感じが好きじゃないんだけど、端正な顔立ちは
どんなにくずれたかっこうをしても、美しかった。あんな人、
あんまりいないだろうなあ。


下妻物語のヤンキー役の方があってたと思うけど、ド派手な
着物を着こなせるのはやっぱり彼女しかいないと思う。



音楽も椎名林檎だったので、これも観たいと思った理由。
主題歌いいですよね!
東京事変よりソロの方が好きなんです。



菅野美穂は高級花魁の役だったんだけど、普段の色を出さずに
気高く演じてました。
木村佳乃は普段のさわやかなイメージじゃなく、
危なげな花魁役でした。どちらも主役を食わずに演じていてよかったです。



このように脇役陣が豪華。永瀬正敏、成宮寛貴、椎名桔平、夏木マリ等々。。
1シーンだけ出てきていた人もいた、いた。
小泉今日子、忌野清志郎、小栗旬などなど。



安藤政信が男前でした。この人、普段より時代がかったかっこうの方が
俄然、男前です。派手さはない役立ったけど私は好きなキャラだったなあ。
















最後の展開はそうきたかという感じでした。
そうなればいいのになあ、でもこの時代の話、ありえんかあと思った
展開になったのでちょっと嬉しかったです。


吉原の桜が咲いたらここを出て行く。というのが展開のきっかけに
なっていた。咲かぬさくらはない。という言葉が勇気を
あたえたんだと思う。


今までの花魁たちの話と違って、新しいパワーのある映画。
まさに時代劇ニューウエイブでした☆☆




| 映画 | comments(2) | trackbacks(0) |


| - | - | - |
comment
こんばんはー^^
バニラさんの感想、とても頷けます〜。
すごく分かりやすく書かれていますよね。
原作も読んでみましたが、原作を良い感じに蜷川流にアレンジしている感じです。
元々私は金魚大好きで一時金魚雑貨とかよく集めましたが、やっぱりいいなあって。吉原の大門を巨大な金魚鉢にしているのとか斬新でしたよね。
後私はそれぞれの部屋にいけられた、生け花もすごく好きでした。ほんとポップでロックな花を生けたという言葉通りだなあって^^すごく現代的な花ばかりなのに、それが違和感ないのがすごいなあって。
ラストの展開、私も良いなあと思いました。
大好きです。
安藤政信格好良かったですね。同感しました。
すごくたくさん、バニラさんの感想を読むことが出来て嬉しかったです^^
またいろんな映画の感想とかきかせてもらいたいです。
from: せいか | 2007/03/19 10:26 PM
せいかさん、こんばんは!

コメント、ありがとうございます♪♪

>原作も読んでみましたが、原作を良い感じに
蜷川流にアレンジしている感じです。

私も読んで映画とどう違うのか、
ぜひ知りたいです☆

>元々私は金魚大好きで一時金魚雑貨とかよく
集めましたが、やっぱりいいなあって。吉原の
大門を巨大な金魚鉢にしているのとか斬新
でしたよね。

金魚って色合いとか、あのヒラヒラな感じが
かわいいですね。
金魚を映し出す表現がほんと美しかったです。
吉原の大門、目をひきましたね!!すごい
アイデアです☆☆

>それぞれの部屋にいけられた、生け花もすごく
好きでした。ほんとポップでロックな花を生けたと
いう言葉通りだなあって^^すごく現代的な花ばかり
なのに、それが違和感ないのがすごいなあって。

私も魅了されたました☆どれも見事!の一言です。
蜷川実花映画にぴったりマッチしてましたね!!
着物のデザインといい、すごいチームワーク
でしたよね。

>すごくたくさん、バニラさんの感想を読むことが
出来て嬉しかったです^^
またいろんな映画の感想とかきかせてもらいたいです。

ありがとうございます!
せいかさんにそう言っていただいたら、すごい
嬉しいです♪♪
私もせいかさんの映画の感想、いろいろ聞きたいと
思っています。

from: バニラ | 2007/03/20 2:33 AM







trackback
url:
mix link recommend comment log new
ME
パンダ点取り占い
ねぎとパンダ - 今日のパンダ点取り占い
BLOG DATA
MIX
RECOMMEND

Misery Is a Butterfly
/ Blonde Redhead

Flying Teapot
/ Gong
COMMENT